単身男子によるバリ島情報

淡々とバリ島に関する情報を短く分かりやすく発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 
↑↑参考になった方はクリックお願いします↑↑
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

置屋の基本知識

置屋とはつまるところ風俗であり、ここバリ島にも存在する。

場所はサヌールのダナウパソ通りに密集しており、壁の赤い数字が目印だ。注意したいのはタクシードライバーなどに案内してもらうとマージンが上乗せされてしまうので、置屋へは単身で乗り込みたい。

料金相場は大体Rp200,000(2,000円前後)で、初見だとRp500,000と吹っかけてくる場合もあるので、冷静に交渉したい。言葉は最悪、数字だけ話せれば問題ない。

タイプの子が居れば、番頭に料金を支払い小部屋へと移動する。

シャワーを浴びた後、いわゆる本番行為まで可能だが、中にはキスの拒否やトップを付けたままなんてこともあるので、そこはトークで盛り上げるか、チップを駆使しよう。

最後に、現在インドネシアではエイズを含む性病が増加傾向に有り、避妊に対する意識がまだまだ低いように思える、言うまでも無く避妊は絶対だ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 
↑↑参考になった方はクリックお願いします↑↑
[ 2013年02月10日 05:00 ] 基本知識 | TB(0) | CM(0)

【注意事項】安易に貸してはいけない

永年バリ島で暮らしていると親しくなるローカルの友人もできるだろう、そこで注意したいのが安易に物を貸さないことだ。 最悪返ってこないばかりか、次第にお金も…なんてことに為りかねない。

普段お世話になってたり、親しくなると断りずらくなるのも十分理解できるが、そこは慎重に相手を見極めたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 
↑↑参考になった方はクリックお願いします↑↑
[ 2013年02月01日 05:00 ] 人付き合い | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。